ペット Feed

2008年12月27日 (土)

もうすぐお正月!

お家の大掃除やおせち料理作り、餅つきに門松・・・新年を迎える準備進んでいますか?
ワンちゃんやネコちゃんの年越し準備は終わりましたか?
ワンちゃんやネコちゃんの為のお正月中の心得!

�お正月期間中の「○○○」足りますか?

・ごはん
スタイル・エルはすでにお休みをいただいておりますが、療法食や処方食などを食べているワンちゃんやネコちゃんのごはんの予備はありますか?

・お薬
持病などで使っているお薬のストックはありますか?

�お休み期間中の動物病院のチェック

かかりつけの病院がお正月休みでお休みの間、突然ワンちゃんやネコちゃんの体調が悪くなったときのためにお休み期間中の動物病院のチェックを行いましょう。
特に帰省先等の普段とは違う地域でお正月を過ごされる方はそちらの地域の情報等もチャックを忘れずに。

�食べ物に注意!

普段食べ慣れないものを与えてはいけません!特に、おつまみやアルコール類はやめましょう。また、喉に詰まらせたり刺さったりするもの(お餅や鶏の骨等)も与えないように注意しましょう。

�食べ過ぎに注意!

どうしてもお正月休みは太ってしまいがち。そんな飼い主さんの在宅時間が長いとワンちゃんやネコちゃんも与えられるおやつの量が増えがちです。
お正月休み明けに、「げっ!私もだけどワンコも太ってるっぽい・・・」なんて事にならないように、体調管理はしっかりと!


もーいーくつ寝るとー おしょーがつー♪
楽しいお正月をお過ごしください。来年もよい年でありますように。

2008年12月 9日 (火)

フードの切り替え時期と理由

みなさんの飼っているワンちゃんやネコちゃんは何歳ですか?
フードはそのライフステージにあったものを与えていますか?


犬の場合、小型犬と大型犬とでは子犬から成犬、成犬から老犬になるスピードが違います。例えば大型犬の老齢期は5歳から、小型犬は7歳から。離乳の時期も違えば成犬期へのフードの切り替えも違ってきます。

小型犬:8か月から1歳までに成犬用へ切り替え
大型犬:1歳から1歳5か月までに成犬用に切り替え

大型犬は骨格や内臓の成長に時間がかかるため、小型犬よりも長目に子犬用を与えるのが望ましいです。一見、大型犬は成長のスピードが速いように見えますが実はゆっくり大人になり、そして早く老犬になってしまうのです。

つづく

2008年11月20日 (木)

その食べ物で大丈夫?

『その食べ物で大丈夫?』←こんな名前のパンフレットが環境省から出ています。

来年6月より施行される「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」を前に、犬や猫の飼い主に「餌」とは、どんなものかを説明しています。

例えば、「栄養のバランスが人間と違います」…猫はタウリンが体内合成できないので食品に添加が必要。
「与える量や回数にも気を配りましょう」…ペットの体調や成長に合わせて適正な量を与えましょう。
または、「手作りのフードを与える場合」…手作りフードを与える場合は栄養必要量や与えてよい食材などを踏まえた上で作りましょう。
おもしろいと思ったのは「フードの賞味期限や保存方法」について。開封したフードは早めに与えること、ドライフードは冷蔵保存すると取り出したときにカビの原因になるなど。

特に「フードの賞味期限や保存方法」については、飼い主さん全員に知ってもらいたいことだと思います。
ドライフードは通常1〜2年くらいの賞味期限があります。なぜか、賞味期限内に与えれば大丈夫だと思い込み、開封してから約半年もかけてそのドライフードを与え続ける飼い主さんがいらっしゃいます。もちろん酸化を抑えられる保存方法がきっちり出来ていれば問題はないと思いますが、なかなか難しいのではないでしょうか。

みなさんの与えている食べ物は大丈夫ですか?
年齢や種類に合っていますか?そのフードは開けてだいぶ日が経っていませんか?手作りご飯の栄養バランスは大丈夫ですか?

国がこうやって「犬猫の餌」について、問いかけをしてくれている。日本も動物愛護の先進国?に一歩近づいているかも知れません。

2008年10月20日 (月)

World Rabies Day

1か月前に終わっていますが9月28日は『世界狂犬病予防デー』でした。

狂犬病予防デーとは、2006年、欧米の研究者や専門家を中心に世界における狂犬病対策を目的とした地球規模の団体(Alliance for Rabies Control)が結成され、その活動の一環として世界狂犬病予防デーを定めるとともに、世界中のパートナーに対し活動参加の呼びかけが開始されました。[厚生労働省webサイトより抜粋]

日本では狂犬病予防接種等により近年は発生がありません。しかしながら、最近では接種率が4割という一部調査結果も出ています。実際、賃貸の契約時に狂犬病予防接種の資料提出ということで初めて予防接種をした方や、ドッグランで入場拒否されるケースなどがあります。

狂犬病の予防はあくまでも犬を狂犬病にさせないためです。つまりは人間に感染させないためでもあります。一番身近にいる犬だからこそきちんと予防させなければならないのです。
通常は犬を登録している自治体から春頃予防接種のお知らせが届きます。登録をしていければ届きませんので、登録をしていない方はすぐに登録しましょう。福岡市の場合は動物管理センター、動物病院、集合接種場所で登録することが出来ます。(自治体によって異なります。)
まだ予防接種を受けさせていない方は早めに受けさせてくださいね。

【狂犬病とは】
・狂犬病ウイルスを原因とする感染症で、主に犬からの咬傷により感染します。

・すべての哺乳類が感染するとされており、ウイルスに感染した動物は長い潜伏期間(人で通常1〜3ヵ月)の後に神経症状を発症し、死亡します。

・発症後は有効な治療法はありませんが、ウイルス感染後早期に暴露後予防注射(PEP)を開始することにより発症を防ぐことが可能です。

・世界では、日本のほか、英国、北欧、豪州、台湾等の一部地域を除いて発生しており、アジアやアフリカを中心に毎年55,000人が死亡していると推定されています。

・日本では、感染源となる犬の予防対策等を徹底したことにより、1957年のネコでの発生を最後に国内での発生はありません。

・2006年11月、フィリピンに滞在している間に犬に咬まれてウイルスに感染した日本人2名が、帰国後に狂犬病を発症し、亡くなっています。

・我が国では、狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主には犬の登録と毎年の狂犬病予防注射が義務付けられています。 [厚生労働省webサイトより抜粋]

2008年9月29日 (月)

一生この餌でOK?

一生この餌でOK?

Aさん「ブリーダーさんから言われたフードをあげています。
このままずっとこのフードをあげてみようと思うのですが、一生このフードで大丈夫ですよね?」

私「んー、飽きて食べなくなるかも知れませんよ?」

Aさん「でも、他のフードの味を覚えなきゃいいんでしょ?」

私「・・・そ、そうですかね・・・」


総合栄養食は犬や猫のために研究された栄養素を含む食べ物です。総合栄養食と水があれば、通常栄養面では問題はありません。

以下の点について考えてみました。

�犬も味覚がある。
自分の好きな味の食べ物を与えてもらえるのはとても犬にとって喜ばしいことです。

�製品にも欠陥があることがある。
これは、メーカー側が意図していなくとも起こってしまうことがあります。例えば、数年前にありましたがカビ毒によるリコール。昨年起きたメラミン混入事件等、一種類のフードをずーっと与えることによってそのリスクが高くなる。

�入手困難な場合があるかも知れないこと。
製品の製造が中止しないかぎり、製品は無くなることはありませんが、災害時などの緊急の場合いつも与えている製品が必ずしも援助物資になることはないということ。

上記以外にも考えられることがあるかもしれません。�については、日頃から避難した先でいつものフードが食べられるように用意をしておくことが大切だと思います。
毎日、同じ粒を残さず食べてくれるワンちゃんに、たまには違うフードをあげて反応を見てみるのはいかがですが?あなたの株が上がるかも??

2008年8月 2日 (土)

食欲増進!

あっつ〜い夏が本当にやってきました。もう夏バテしてませんか??

暑い日が続くと、人間同様ペットもバテバテしてきます。バテバテしてくると、食欲が落ちたり、動きたがらなくなったりします。
夏食欲が落ちたときは

�フードを変えてみる。←いつもと違う臭いや味で食欲増進!
�フードをふやかしてみる。←ちょっと冷たい食感が食欲をそそります。
�胡瓜や西瓜、夏の果物をトッピング。←夏の果物や野菜は体を冷やしてくれます。が、食べ過ぎはお腹急降下のもと!
�フードにやぎミルクやふりかけをかけてみる。←やぎミルクはカロリー高めなのであげすぎには注意。ふりかけは犬用のものを。

あんまり食欲がない場合は夏バテ以外のことも考えられるので、ウンチやオシッコの観察をsmile

2008年6月28日 (土)

幼犬期の食餌2

幼犬期の食餌 2

幼犬期は社会性を学ぶ時期。ものを選ばず自分の口に入るものなら何でもくわえてみる。飲み込んでみる。囓ってみる。
中には有毒や有害になるものを飲み込む可能性があるので幼犬期は特に部屋の中を片付けていなければなりません。私も、本をガリガリ…。猫のぬいぐるみの鼻をゴクリ。洋服のボタンをすべてパクパク…。すべて大事には至りませんでしたが、今思うとゾッとするできごとです。その他、家具の端を粉々にされたり、建具を破壊されたりする可能性があります。

食餌は幼犬用のフードをベースに。離乳が済んでごはんをきちんと食べられるようになったらいろいろなものを与えてみるとワンちゃんのスキな食べ物が発見できそうです。
ただし、あまりいろいろな種類をすぐに変えているとどのフードがその子に会っているかどうかがわかりにくくなります。ウンチの状態や被毛・皮膚の状態によいものを見極める事が必要です。

小さくて愛らしいこの時期の食餌はよーく観察して与えてください。

2008年5月24日 (土)

幼犬期の食餌


よく食べ、よく遊び、よく眠る!

こうやって私は大きくなりました。そして犬や猫たちも。
犬は一年で成犬まで大きくなります。成長にはたくさんのエネルギー量が必要です。
食べ物をたくさんあげればそれでOK!と、思っている人もいるかと思いますがそれはNG。もちろん空腹を満たすための量の必要ですが問題はその中身。
たとえば同じ量のシニア用のフードとパピー用のフード。おじいちゃんと育ち盛りのこどもたちの食餌が同じなんて、人間でも見られません。おじいちゃんには体を維持できるエネルギー量と栄養。こどもたちには育つためのエネルギー量と体を維持するエネルギー量そして栄養が必要です。

まだまだ成犬と違って消化器が発達していない場合もあるので、食べ物を与えるときは消化の良さそうなものをチョイス。ドライフードならふやかして、おやつなら硬いガムや蹄は時期を見ながら。
大型犬はこの時期のカルシウムの摂取量が重要な時期。過剰なカルシウムは骨格形成に問題。カルシウムとリンは亜鉛の吸収を妨げるのでフードに含まれている量のカルシウムとリンで良さそうです。

つづく

2008年5月 2日 (金)

老齢期の食餌 2

つづき

食餌は成犬期の食餌の内容に比べてカロリーが低めに設定されている老犬用のフードを選びましょう。また、老犬期には歯周病にかかりやすく歯がぐらつくため硬い食事がとりにくくなることがあります。歯が抜けてしまえばまた食事ができるようになるようですが、ドライフードを柔らかくしたり、またウェットフードに切り替えてみたりするとよいでしょう。超高齢期になるとエネルギー量が多いフードに切り替えるなどの注意が必要です。
老齢期のワンちゃんには毎日の食餌と定期的な検診をうけ、ながーい余生を過ごしてもらいたいものです。

老齢期に現れやすい老化現象

1.お散歩に行くと途中で座り込んでしまう→→→人間と一緒で疲れやすくなっています。なるべくゆっくり若い頃よりも短い距離で。
2.名前を呼んでも反応しないことがある。→→→耳が遠くなっているかも。急に触るとビックリして威嚇してしまうかも知れないのでさわるときはゆっくりと。
3.ソファーや階段を上れない→→→関節が弱ってきているかも。段差は関節に負担がかかりやすいのでなるべく飛び上がらせないように。
4.壁や柱にぶつかりやすい→→→視力が低下するとある一定の方向に傾いて歩くことも。ぶつかって危険な物がないように配慮を。
5.夜鳴きをする→→→痴呆の可能性も。獣医師に相談しましょう。
6.いつもと違う場所でおしっこをする→→→おしっこを我慢する筋力の衰え、泌尿器の病気、痴呆などが考えられます。

2008年3月29日 (土)

老齢期の食餌 1

近年ペットは食餌事情・医療等の向上により、寿命も以前に比べてグッと長くなりました。一般的に大型犬は平均8〜10歳、小型犬は15歳前後と言われています。それぞれ老犬と言われるのは大型犬は5歳、小型犬は7歳からと寿命の約半分を老齢期として過ごすことになります。

加齢とともに筋肉量や基礎代謝率が徐々に低下し、体温も下がってきます。動きも若い頃に比べて緩慢になり、皮下脂肪も増えてきます。このような体の変化によって必要とするエネルギー量も減ってきます。一日に必要なエネルギー量は若いころに比べて12〜13%減少すると言われています。ですので成犬期と同じ食事内容、同じ量を与えると必然的に太ってしまうのです。通常肥満の犬にはダイエットが必要ですが、高齢期の犬にダイエットをさせる際はきちんと獣医師に相談し、計画的にながい期間をかけて行うことが望ましいです。なぜなら老齢期は内臓疾患の現れやすい時期でもあるからです。

老齢期には甲状腺の疾患、泌尿器系の疾患(腎臓含む)、関節疾患、心臓疾患、代謝異常などを起こしやすいので与えている食餌の内容を成犬期と比べ見直す必要もあります。たとえば腎疾患や心疾患を患っている犬には食塩の含有量が多いフードを与えることは好ましくありません。

つづく