« 九州地方暑いです | メイン | 今年初、そして今年最後 »

2016年10月14日 (金)

お水をよく飲む、オシッコがよく出る

だいぶ涼しくなってきましたね。
もうすぐ寒い冬がやってくるようです。
そんな秋の時期、夏から続いている水を飲む量が変わらないって事ありませんか?
夏場、お水よく飲むな~!と思っていたら、秋になって涼しくなったのに変わらずよくお水を飲む。
そしてよくオシッコもする。
それってもしかしたら??

お水を飲む量が増える事によって分かる病気というのがあります。
例えば

1)結石
膀胱炎が伴う場合が多いのですが、ストルバイト尿石というオシッコのpHが偏ったときに出来る結石が膀胱内等に出来てしまう病気です。
ほとんどの場合、膀胱炎抑えるための炎症止めと結石用の食事療法で改善が可能です。

2)クッシング症候群
副腎と呼ばれるホルモンを主に分泌している小さな臓器が下垂体または副腎自体に腫瘍が存在する場合の2種類があります。副腎が腫瘍化している場合は副腎を外科的に取り除き、下垂体が原因の場合は放射線や投薬によって副腎のホルモン過剰放出を抑える治療があります。

3)慢性腎不全
腎臓の機能が低下した状態を慢性腎不全といいます。
働きが弱るので、老廃物の処理能力が落ちて尿毒症などになりやすくなります。
軽度の場合は食事療法にてタンパク質の摂取量を減らす事によってQOLの改善をします。

など、犬がお水をよくのみオシッコをたくさんする症状のでる病気はこのほかにもあります。
今回この3例を取り上げたのは、ウチの犬(1匹)が発症した事のある多飲多尿の病気だからです。
多飲多尿と一言で言っても、病気はさまざま。
その時に血液検査、エコー検査などひとつずつ検査していくと明らかになる病気があります。飼い主さんがまず日々の状態をよく把握し、信頼できる獣医さんとよく話し合って治療をしていく事が大切です。

多飲多尿は病気の症状である事が多いです。
もし、涼しくなってもお水をよく飲んでたら早めに動物病院に相談して下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395800/33970299

お水をよく飲む、オシッコがよく出るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。