« トイレットペーパーとペットシーツの備蓄 | メイン | 今年もあとちょっと »

2014年9月19日 (金)

最近のペットフード事情

「フライドフード」の文字がなぜか、「ドライフード」に見えてしまった今日この頃です。
最近行った猫カフェで猫たちのおやつに出された【粒】を見て、
「●●(メーカー・ブランド)の仔猫用」を見事に当てることが出来たわたしです。
ドライフード粒当てコンテストでは猫の部で優勝を目指したいとおもいます。犬の部は大型犬用のものになるとお手上げです。(そんなものありません)

というわけで、最近のペットフードについて。
ペット大国アメリカでの主流は「グレインフリー」です。

グレインフリーフードとは、穀物(主に小麦)や穀類が入っていないという意味です。
近年グレインは、アレルギーの原因の一つと考えられており、それらを極力摂取しないことで健康を維持していこうというのが目的に作られたものです。
というわけで、小麦や大豆、トウモロコシといった穀類を不使用のペットフードがアメリカでははやっています。
当店で取扱の「ネイチャーズバラエティ」もそのひとつ。
オススメできる良いフードだと思いますので、ぜひお試し下さい。

いろーんなドライフードがありますから、いろいろ試してその子にあったフードを選んであげてくださいね。原料の他に、成分や原産国のチェックはかかさずに!

4959283061054

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395800/32813907

最近のペットフード事情を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。