« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月 7日 (水)

療法食は獣医さんの診断を

たまに「ロイヤルカナンの○○○○(療法食商品名)ありますか?」とのお問い合わせをいただきます。

療法食は、ある疾病疾患に対して有効な治療の手段として用いられる食事療法のひとつで、通常獣医師によって処方されるドライまたはウエットフードなどのことです。
スタイル・エルは獣医師の資格はありませんので取り扱ってはおりません。
療法食自体、メーカーさんが動物病院に直接卸しているようです。

インターネットが普及した今、動物病院がインターネットショップを行っているところがあります。そのようなところでは診断がなくても療法食を販売していますが、療法食とは上に述べたように治療の手段のひとつです。
素人判断で食べさせてしまうと逆に疾病になってしまうことがありますsweat01

なので、『ちょっと歩きにくそうにしてるから関節が良くないのかしら?じゃあ、療法食使ってみましょdog』とか『おしっこの出が良くなさそうなのよね~、結石用のフード与えれば治るでしょcat」とか自己判断せず、きちんと獣医師に相談の上使用してください。歩きにくそうなのは関節の問題ではなく、もしかしたら違う場所に疾患があるかもしれませんし、おしっこが出にくいのは結石ではないかもしれませんsign01

そして何か様子が変だな?と思ったらすぐに動物病院へ相談に行きましょう!
何事もなければそれで万事解決ではありませんか?何かあっても初期症状だといろいろ対処の仕方がありますよ。

Dog0173022_m
みんな元気が一番!!
定期的に健康診断をしましょうbleah