« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月19日 (木)

ペットフードの切り替えは慎重

これまで毎日与えていたフードがなくなったので、ちょっと近所のコンビニに行ってドライフードを買って与えてみました。
おいしそうによく食べていました。しかし、翌日下痢をしました。このフードは合わないと思い、これまで与えていたものと同じフードを与えたら治りました。
下痢になるフードってダメですよね?

この場合、ダメなのはフードではなく与え方にあります。
もちろんダメなフードがあるのかもしれませんが、今回は与え方に原因があります。

これまでに食べていたフードから突然新しいフードに変えると下痢をしてしまうのは
これまでに食べていたフードに慣れているお腹が新しいフードに対応ができなかったからです。毎日同じ物質を消化していたのに、突然違う種類の物質がお腹に入ってきて消化が上手くできず結果下痢になるのです。

同じような内容(原材料、各成分値等)のフードだとすぐに切り替えても消化不良を起こしにくいようです。

フードを切り替える際には
①1週間~2週間かけてゆっくりと。
②混ぜ方は1:9、2:8、3:7…と徐々に新しいフードを多く、従来のフードを少なく。
③毎日のうんちの具合を見ながら

それでも合わない(うんちが緩い、嘔吐する、湿疹ができるなど)場合もあるので日々の観察はしっかりとおこなってください。


フードの切り替えは充分な時間と余裕を持ってはじめてください。