« たまには手作りも | メイン | ペット栄養管理士ってなに? »

2007年4月28日 (土)

ペットフードリコール その3

ペットフードのリコールのつづきです

このペットフードリコール問題は3月の中旬に発覚したことですが、6000万個以上のフードが回収された、『メラミン』が原因と考えられているペットフードのリコールはまだ続いています。

このリコールの発端はメニュー・フーズ社が製造したペットフード(缶・ポーチ)の原料である中国から輸入された小麦グルテンにプラスティックの成分であるメラミンが混入していたことからでした。

その後、アメリカではライスプロテインコンセントレート、南アフリカ共和国ではコーングルテンにもメラミンが混入していることが発覚。どちらもメニュー・フーズ社の使用していた小麦グルテンと同様中国から輸入されたものでした。FDA(アメリカ食品医薬品局)の調査等によると、このメラミンはプロテイン含有量を多く見せかけるためにグルテンに入れられたのではないかといわれています。

現在日本で売られている製品のメラミンに対しての安全性は各メーカーがそれぞれ発表していますので気になる方は確認してください。なお、日本でも一部のフードが自主回収となりましたが、各メーカーもしくは輸入元の判断で自主回収されています。これらのフードにはメラミンは混入していなかったということです。

この問題はまだこれからも注意深く見守り、愛犬や愛猫の口に入る食べ物や健康について考えていかなければなりません。

参考までに…。メラミンが混入したフードを食べて具合が悪くなった場合の症状は:腎疾患の初期症状、嘔吐、食欲不振など、となっています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395800/18173178

ペットフードリコール その3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。