« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月26日 (金)

リードと飼い主のお話

 今回はフードの話からちょっと離れてしまいますが、リードのお話。

 休みの日に大きな公園を犬と散歩していると、「ワンっ、ワンっ!」と走ってくるワンちゃんをけっこう見かけます。よく見るとリードをしてないっ! リードをしてないと、吠える、飛びつく、時には噛みつく・・・。
小型犬ならまだしも大型犬はさすがに飛びつかれるとゾッとしてしまいます。飼い主さんと言えば、同じ飼い主仲間のご婦人達とぺちゃくちゃおしゃべりに花を咲かせ、遠くから「こらー、○○ちゃん、ダーメー! こっちに戻ってらっしゃーい」と呼ぶだけ。
オイオイ、こっちは飛びつかれてジーンズ泥だらけだよcoldsweats02。それでもしつこく飛びついて、やっと飼い主がリードを持ってやってくる。飼い主さんは私に向かって「すみませーん」とだけいい「こら、こっちおいで」と犬の首輪を捕まえてその場から離れる。でも、やっぱりリードはしない。ん〜、何のためのリードだ? ここはドッグランじゃないぞannoyannoy

 小さな子供やお年寄り、ジョギングをする人などたくさんの人が利用する公園や公共施設で犬の放し飼いは危険ですdangerいつ飛びかかって転倒させるかも分かりませんし、犬に追いかけられてその恐怖から犬嫌いになったりすることが充分考えられます。
私も犬を飼っています。もちろん散歩はリードをつけて。犬が大好きなので飼っているんですが、小さいころに思いっきり犬に噛まれたことが・・・。
 それはまだ小学校3年生のころでした。公園で遊んでいると、突然犬が現れて、私に飛びつき「ガブッ」。太ももを咬まれ、出血多量。キズが大きくなかったことと早めの処置hospitalで大事には至りませんでしたが、いまだに私の太ももには直径5ミリのキズが残っていますsweat01犬に悪意があったかどうかなんて分かりませんし、私が犬に対して挑発的な態度を取っていたとも考えられませんsad。(目を合わせてそらさなかったとか、犬に物を投げたとか、蹴ったとかはもちろんしていません)
 ノーリードで散歩をしている最中に、ほかの犬から追いかけられて驚いた犬が道路に飛び出してはねられてしまったという話もあります。
 あのとき、飼い主が犬にリードをしていれば・・・。そう、あのときリードをしていれば・・・。こんなことは何か事件や事故が起こってからじゃないと気が付きません。でも起こってからでは遅いのです。事実私にはいまでも咬まれた跡が残っていますしshock

 リードをつけないで犬の散歩をするみなさんへ。
リードはあなたの犬の命と他人の命を守る大切なヒモです
犬が広いところをのびのびと走ることも大切だと思います。でも、リードをしていないばかりにあなたの犬の命が脅かされることもあります。他人に飛びついて他人の命を奪ったり、重大なケガを負わせてしまうかも知れません。そんなときあなたは何ができますか? 治療費や慰謝料などですまされる問題ではないことをよくよく考えてください。飼い主さんにはぜひ考えてもらいたいのです。dogといっしょに楽しく過ごせる社会を。

 

もし万が一、犬が他人を傷つけてしまった場合は、飼い主は動物管理センター(福岡市の場合)や保健所に届け出なければなりません。また、飼い主は獣医さんに診せて飼い犬が狂犬病でないことを証明しなければなりません。このほかにかまれた人の治療費の負担や慰謝料の請求などといった面倒なことも起きてしまいます。

2007年1月16日 (火)

プレミアムフードってなに?

ドッグフードには「プレミアムフード」と呼ばれる種類のフードがあります。健康なワンちゃんやネコちゃんのためには「プレミアムフード」をあげたほうがいいとかいわれています。「プレミアムってなに?」 最初に出会ったとき私も正直そう思いました。よくプレミアムビールだとか、プレミアムジーンズだとかに使われているプレミアム。これってどんな意味なんでしょ? 辞書で調べてみました。英和辞書ではpremium(名)1,[…に対する]賞金、賞(品)、報奨金、ボーナス 2,割り増し などの意味で使用されています。国語辞典でも同じような意味でした。これらが転じて、今は「付加価値」や「市場の通常価格より高めの設定」などの意味になっているようです。そうやって考えると、プレミアムフードとは「値段が少し高めの何らかの特徴を持ったフード」のことじゃないかなといえます。厳密に定義がある訳じゃないんですよね。(・_・)......ン?難し…ぃ。実際なにが違うんだろ。

というわけでこれも比べてみました。

1.【値段】

プレミアムフード 1kgあたり500〜1,000円程度
ふつうのフード 1kgあたり80〜300円程度

プレミアムフードと呼ばれるものは1kgあたり 1,000円くらいで、中にはなんと、1kgあたり 10,000円というフードもありますsign01sign01でも、キロ1万円ってことは、100グラム1,000円。お肉屋さんで霜降り佐賀牛や糸島牛が買えてしまいます。こんなフードだれが買ってるんだろう、世の中にはいろんな人がいるもので・・・。まあ、100g100円でもスーパーで売ってるブロイラーより高いんですが・・・。ふつうのフードは安いもので1kgあたり 80円(100g8円ですね)というものなど、きりがないくらい安いフードもあります。

じゃあ、値段が違うと中身はなにが違うのでしょうか。パッケージを見てみましょう。(パッケージの原材料の欄は使われているものの量の順番に並んでいます。つまり、いちばん最初に書いてあるものがいちばん多く使われているということです)

2.【成分】

プレミアムフードの成分
成犬用や成猫用のフードの原材料に含まれているいちばん多い原料は主に肉類です。チキンやターキー、ラムなどが使われています。フードの中には、穀類がいちばん多いというものもありますが、これはオーガニック食材を使ったフードだとか、コンセプトをしっかり持っています。その他の特徴としては、保存料としてビタミンEと使用しているもの多くあります。だいたいの場合、プレミアムフードには不思議なことに原材料の記述がとうとうと長ーく書かれています。また、コエンザイムQ10やアガリクスが入っているなど、健康に気を遣っています的なことが原材料のところに書いてあります。それらがどのくらい入っていてどれだけ健康に役立っているかは・・・不明です。

ふつうのフードの成分
いちばん多い原料は穀類。主に、とうもろこし、大豆、小麦など。目立った原材料は、チキンミール、ミートミール、鶏副産物、動物性油脂などが入っています。プレミアムフードに比べて原材料の記述が短いのも特徴です。またどんな保存料を使っているか、具体的に書いていないものが多くあります。あと、すき焼き風味や野菜たっぷり、チーズ入りなど、個性の強い風味のものが多いという印象を受けます。

(「チキンとチキンミールってなにが違うの?」とか「鶏副産物ってなに?」「BHA・BHTってなに?」とかは書き始めるとダークサイドに落ちてしまいそうなのでまた次の機会に)

ぱっと見ても、これくらいの差がありました。

プレミアムフードとふつうのフードの大きな差といえば、やはり原材料でしょう。材料が違うから値段が違ってくるわけです。キャットフードを例にとると、本来猫は肉食なので、もちろん肉類が一番多い物が猫には適しているはずです。しかし、ふつうのフードの多くには穀類がいちばん多く含まれています。また、ふつうのフードの多くには着色料や香料などが添加されていて、黄色などの色が付いている物があります。着色料とは本来人間が食材に対して使うものですので、色の識別で餌を選ばない犬や猫にとって不要なものでしかありません。プレミアムフードには、アレルギーなどを考慮した原料で作られている物などもありフードのバリエーションが豊かで選びやすいのも利点です。

プレミアムフードとふつうフードの違いは原材料と研究開発費のようです。

では、ふつうのフードは「いけないもの」なのでしょうか? といわれれば、絶対にそうではありません。ふつうのフードを食べていても病気にならないワンちゃんやネコちゃんもいますし。逆に高いフードを食べていても病気になってしまうワンちゃんやネコちゃんもいます。

じゃ、何がいいからプレミアムフードがはやってるの?

それは、人間の食環境と同じです。以前に比べて人間の食も、添加物が入ってない加工食品や、着色料や香料を使わない食品など健康志向型の食生活になってきました。毎日のようにメタボリックシンドロームなどのことばが飛び交う社会で、イヌや猫などの愛玩動物の食餌に関しても同じような動きが出てきた結果だと思います。また、少子高齢化や核家族化などいろいろな社会状況の中でペットの家族の中での地位が以前よりもグッと上がり、お金dollarをかけてもらえるようになっている、というのも理由のひとつでしょう。実際にペットフード(総合栄養食)が普及しだしてから、ペットの寿命は飛躍的に延びたといわれています。プレミアムフードがどの程度寿命に影響するかはもう少し時間をかけると明らかになってくるかもしれません。ペットに健康で長生きして欲しい、その願いが、ペットフードに大きく影響を及ぼし合成保存料や原材料などの質の改善につながったと思われます。それらが現在プレミアムフードと呼ばれるようになり、流行しているのではないでしょうか。

2007年1月 9日 (火)

ペットフードに関する疑問になんでも答えちゃおう!

「ペットフードのナビゲーターで、ペット栄養管理士ならなんでもわかるでしょ。それだったらQ&Aくらいはやってほしい」というけっこうきついご要望にお応えして・・・。ペットフードのことを100%隅から隅まで知ってるかっていわれると、さすがに違うし・・・。最初っからいいわけがましくてすみません。shock

ペットフードに関するご質問に「できるかぎり」お答えします。ま、あんまり肩肘張らずにやってみます。できるだけ…できるだけ……ね。

ご質問いただくにあたって
・ペットフード(ドッグフード、キャットフード)に関する質問ならなんでもどうぞ。このトピックにコメントをつけていただくか、ミニメールをください。
・ご質問に対する回答はこのページもしくは個別にメールでお答えいたします。
・現在お飼いのワンちゃんdogの犬種、ねこちゃんcatの猫種、年齢があると、すっごくお答えしやすいのでできればお願いheartします。


宜しくお願いしますsmile

2007年1月 5日 (金)

年齢別のフードについて

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

さて、今年最初の話題は、年齢別フード。よく、ライフステージ別といわれているものです。ドッグフード、キャットフードは大まかに「パピー/キトン用」「アダルト用」「シニア用」と年齢別に分かれています。「『パピー用』とかよく見るけど『アダルト用』とどう違うんだろうsign02 成犬に『パピー』をあげちゃいけないのかなぁ」って思ったことありませんか。

さすがに分けてあるだけあって、違いはあります。『パピー用』と『アダルト用』に関しては前にも書いたことのある、AAFCO(米国飼料検査官協会)によって基準が定められています。じゃあ、パピーってなに?

パピーとは生後1年未満までの幼犬を指します。犬は生まれてから一年で成犬になります。人間でいうと0歳から18歳にあたります。生まれたばかりの子犬は母犬からの母乳で大きくなります。生まれて初めて飲むお乳(生後二日くらいの間で)には母犬からの抗体が入っているのでとても重要です。このミルクのことを「初乳」と呼びます。母犬は出産後1週間程度で、この初乳を作ることができなくなります。そして、この初乳から受け取る抗体の事を「移行抗体」とよびます。移行抗体についてはむずかしくなりそうなので「ワクチン」の回でまた改めてご紹介します。初乳がすごく大切だってことだけわかっててくださいね

子犬は生後60日ほどで離乳し、離乳食〜パピー用フードに移っていきます。離乳食は、缶詰やパピー用のドライフードをふやかしたものなどを与えます。そして、まだまだ消化器が成犬ほど強くないので、食餌の回数は通常3〜4回に分けて与えます。子犬の体重が成犬時の約80%に達するころから、1日2回の食餌にするのがいいといわれています。

『パピー用』のフードは『アダルト用』よりもエネルギー量が高く作られています。これは、少ない量で必要なエネルギーを与えるためです。また、粗タンパク質、粗脂肪の量も多く作られていますこれはもちろんきちんと体を作るためですね。生まれたばかりの子犬は体脂肪率が1.5%くらいしかありません。成犬になると20〜30%なのでそれまでにしっかり体を作らなくてはいけないのです。だから「パピー用」が必要になってくるのです。(体脂肪率が35%とかになると、これは肥満といわれてしまいますcoldsweats02 肥満についてはまた別の機会に)ただし、超大型・大型犬に関しては、成長期にカルシウムやエネルギーを摂りすぎると骨格の疾患につながるおそれがあるので、できれば大型犬のために作られたパピー用フードを与えるのがいいかも知れません。

かといって、子犬に「アダルト用」をあげてはいけないというわけではありません。できれば子犬には「パピー用」のほうが望ましい、くらいに考えてください。

大事な成長期に犬種や個体にあったフードを選ぶのも飼い主さんの重要な役目ですsmile