メイン | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月21日 (木)

犬や猫に食べさせてはいけないもの

人間と犬dogや猫catは長い間一緒に暮らしてきました。
ですが、長い年月をたどっても、人間と同じ食べ物を食べることができないものがいくつかあります。

タマネギ
いわずと知れた食べさせてはいけない食べ物です。「アリナーゼ」という、可憐な名前の成分が入っていて、赤血球ヘモグロビンを壊してしまうために犬や猫は貧血を起こしてしまいます。たくさん食べてしまった場合、呼吸困難やチアノーゼ(舌が紫色になったり)を起こしたりします。生はもちろんタマネギの場合は充分加熱してもその成分はなくならないので、与えてはいけませんdangerタマネギの他ニンニクネギなども大量に与えてはいけません。この時期あったかいシチューを狙っているワンちゃんも多いと思いますが、カワイイ顔をして待っててもタマネギ入りのシチューは与えてはいけません。ミニチュアダックスフントでタマネギ1/4個が限界だということです。
恐ろしや〜coldsweats02実は人間も大量のタマネギを摂取すると貧血になるそうです。

チョコレート
犬は甘い物を感知する舌を持っています。犬が甘い物好きなのはそのためだといわれています。チョコレートには「テオブロミン」という成分が入っていますが、これがくせ者なのです。テオブロミンには血圧や体温の上昇を助長する働きがあり犬は興奮し場合によっては、嘔吐・下痢・不整脈・痙攣などを引き起こす可能性があります。板チョコ一枚食べると死んでしまうらしいです。ココアなどにも含まれていますので、与えない方が犬や猫のためです。

鶏の骨・魚の骨fish
加熱された鶏の骨は折ると鋭利な形に折れることが多く、その鋭い骨が食道や胃の壁面を傷つける可能性があります。魚も同じで、大きな魚の骨の場合は刺さることも。
クリスマスxmasのターキーやチキンなんかを骨ごとあげないように注意です。

アワビ・サザエ
猫はアワビを食べると耳が欠けるといわれています。これはアワビの肝臓に含まれる海藻の未消化物が日光に当たると毒を持ち全身の中で一番薄い耳の部分を炎症させるというやっかいな事が起こるからです。アワビの他サザエなども食べさせてはいけないといわれています。なかなか、人間だってそんなに食べられるものじゃないのにだれが発見したんだろう? 猫にアワビを与える飼い主さんってどれだけお金持ちdollarなんだ??

人間の食べ物noodle
人間用に味付けされた食べものrestaurantを与えるのはやっぱりよくありません。
なぜなら・・・
人間と犬や猫は同じではないsign01からです
心臓の大きさだって、消化器だって全部違います。だから人間には良くても、犬や猫には負担になる食べ物がたくさん。それに人間の食事を与えていると肥満の元にsweat01
太っていてカワイイ! って思うのは人間のわがままです。太って心臓に負担がかかってつらい思いをするのは、飼い主じゃなくてワンちゃんやネコちゃん。足の関節に負担がかかって走れなくなるのは、飼い主じゃなくてワンちゃんやネコちゃん。
犬や猫が痛い思いや苦しい思いをしなくていいように人間の食べ物を与えるのはやめましょう♪
病院代がかかるのは飼い主にとっても負担だし! 「うちの子クリームパンが大好きなの〜♪」なーんていってないで犬や猫には人間用の食事を与えないでくだいネheart

というわけで今回は与えてはいけない食べ物を集めてみました。

2006年12月13日 (水)

ドッグフードの成分表

ドッグフードのパッケージにはいろいろな情報が書かれていますが、今回は「成分表」を見てみましょう。

どのペットフードにも、パッケージの裏か横に「保証成分」などという文字が見つかると思います。「粗タンパク質」とか「粗脂肪」だとか「○○%」だとか難しそうなcoldsweats02ことが書いてありますが、けっこう、これ大切です。いったい何が書いてあるのでしょう。

成分表には少なくとも5つのことが書いてあります。「粗タンパク質」「粗脂肪」「粗繊維」「粗灰分」「水分」です。これらがひとつのフードに全て含まれているのです。だから前回の「総合栄養食」ってことばになるわけですね。

club粗タンパク質
 みなさんもご存じのタンパク質は主に筋肉を作ったり内臓をつくったりする栄養素です。主に肉類pigや魚fish、大豆などの原料になっています。成長期のワンちゃんdogには必要不可欠な成分です。だいたい、成犬用のフードで15〜30%の含有量がいいとされています。
ドッグフードの中には50%を超えるものもありますが、あまり多くとりすぎると、腎臓に負担をかけることになるので、腎臓の機能が低下しているワンちゃんにはタンパク質を制限したフードが推奨されています。また、年をとると腎臓が弱くなっているワンちゃんも多くなるので、高齢犬にはタンパク質は減らしたほうがいいといわれています。でも、逆にタンパク質の不足は免疫の低下を起こすともいわれていますので、適量をってことですね。
ま、それが難しいところです。

club粗脂肪
 脂肪は主にエネルギー源であり、体内で脂溶性ビタミンを運ぶ役目を持つ重要な栄養素です。成犬用のフードで、10〜20%の含有量が推奨されています。けれども、脂肪の摂りすぎは肥満の元になりますので、多くは与えるのは考えものですsad

club粗繊維
 主に整腸作用がある栄養素で、主に糟糠類(米糠、小麦フスマなど)から得られるものです。だいたいのフードでは、5%以下くらいになっていますが、肥満犬用や高齢犬用フードの中にはのこれよりも多く含まれているものもあります。

club粗灰分
 「灰」って字が付くとなんだか、イメージ良くないですが、これはミネラル類を指しています。ミネラルは亜鉛、リン、カルシウムなど骨や神経などに作用するものです。
一般的に幼犬用のフードには他のステージに比べ灰分が多く含まれています。

club水分
 ドライフードの場合、細菌が繁殖しないように水分は10%以下に抑えられています。これより多いものはセミモイスト、ウェットタイプと呼ばれます。

なんだか今回は内容がやっぱり難しくなってしまいました…。

いろんな数字がありますがこれらの多くは米国飼料検査官協会(AAFCO)の数字をもとに作られています。この「AAFCO」っていろいろなペットフードに書いてあるのでみなさんも見たことがあるかと思います。「AAFCO」ってなに? の話はまたの機会に。

毎日あげているドッグフードrestaurantでもよく見てみるとメーカーやブランドによって中身が大きく違うのです。大切なワンちゃんです。与えているフードの中身を知っておくのもいいかもしれませんheart

次回はワンちゃんやネコちゃんに食べさせてはいけない物dangerを集めてみますtulip

2006年12月 6日 (水)

ペットフードってなに?

記念すべき(?)第1回は…

「ペットフード」ってなんじゃろな?

ペットを飼っているひとなら一度は手に取ってみたことがあるペットフード。あの黒くて丸いつぶつぶ魚のニオイがする缶詰などペットフードって一体なんだろ、と思ったことありませんか?

ペットフードのパッケージをよく見てみてください。実はパッケージにはいろんなルールがあって、ワンちゃんdog・ネコちゃんcatの写真やそのフードの長所などといっしょにたくさんの情報が書かれているのです。

例えば、ドライフード(通称:カリカリ)には必ず記載されているであろう(どこかに書いてあるはずです…たぶん)

         『総合栄養食』

それってなんのことsign02となってしまいますが、実はこのことば、すごく重要なものなのです。

人間の場合、いろんな食品からあれriceballやこれappleや栄養素を摂らなくてはいけません。でもこの総合栄養食とは、「ペット(この場合特に犬、ネコ)はこれと水だけがあれば、栄養を満たし充分に生きていけますよ」という意味を持つ食べ物なんです。

あの小さな丸い粒にそんな大きな事ができるのか!! と、びっくりsign01してしまいます。いままで何となく食器に入れていたそのペットフードは実はペットたちの命shineのもとなのです。(ちょっとおおげさカモsweat01

もちろん、総合栄養食って名乗れるのは、たくさんの試練を乗り越えたペットフードだけ。給与試験と呼ばれる試験を合格し、ペットフード公正取引協議会という団体の認証を受けたものにしか記載されていません。(日本では)

昔は、ワンちゃんたちにあげていたのは、ごはんにおみそ汁とか、人間の食べ残しshockとかでした。これらはペットにとってはあまりよいとはいい難い食事だったのです。ペットフードの普及によって犬猫の寿命はここ数十年で急激に伸びたといわれています。(もちろん、他の理由もあります)ペットフードって、とってもすごい食べ物restaurantなんですね〜。


そんな魅力たっぷりな!?ペットフードの情報やペットに関する様々なことを発信してみようと思っています。tulip


次回もペットフードについて、パッケージの見かたを書いてみたいと思いますheart